いい恋愛をするために、できていた方がいいこと - 恋愛

FC2ブログ

いい恋愛をするために、できていた方がいいこと


自分を愛せる人が、人も愛せる
自分を愛せる人が、人も愛せる

せっかく恋人ができても、関係を壊してしまう人がいます。そうならないためにも、いい恋をするために、今のうちにできていた方がいいことがあります。

一緒にいて幸せになれる相手を見つけるためには、大切なことを見抜ける目が必要です。でも、それを自分ができていないと、見なくてはいけないポイントに気付くことができません。

人は、「いい恋をするためには、素敵な相手を見つけることが先決だ」と思いがち。でも、まず、自分ありきなのです。

今回は、いい恋愛をするために、できていた方がいい3つのポイントを紹介します。


■その1:自分を受け止め、愛すること
いい恋愛をするために、できていた方がいいことの1つ目は、「自分を受け止め、愛すること」です。

自分で自分を愛することができない人は、愛に満たされるために人に愛を乞うようになります。そもそも愛は、自分が愛することで、自分の内側から増えていくものです。人からもらって増えるものでもありません。

「愛されたら、幸せを感じるよ。それって、愛が増えていることじゃない?」と思う人はいるかもしれませんが、それは違います。自分を幸せにしてくれる人に対して、自分も愛するようになるから、愛が増えていくのです。

逆に好きでもない人に一方的に愛を注がれたら、ストーカーじゃないかと思い、怖がる人だっているでしょう。

「求めるよりも、目覚めなさい」(アラン・コーエン著/ダイヤモンド社刊)では、こういったことが書かれています。

私たちが結婚したり、人間関係を始めたりする動機は、基本的に二つにまとめられる。「この人から何かを得よう」もしくは「この人と何かを分かち合おう」だ。
最初の態度は苦痛をもたらすだけだが、後者は喜びをもたらす。最初の態度は手に入れようとし、後者は広げようとする。何かを分かち合おうとすればうまくいくが、得ようとするとこじれる。

つまり、「自分だけでは、足りない」「人によって満たそう」と思っている時点では、いい恋愛はできません。自分だけでも自分を満たせることができるからこそ、相手にも与えられる余裕があり、見返りを求めない純粋な愛情だって注げるのです。それが、いい関係が築くことにつながります。

自分を受け止め、愛することは、 “精神的な自立”の第一歩です。基本、自分の心の隙間は、他の人の存在で誤魔化すことはできても、埋めることはできません。

誰もが、自分の人生という道を1人で歩まなければいけないものなので、そこには孤独があります。また、どんなに気が合う人であっても、100%価値観が同じなんてこともないので、時には自分の思いを自分で消化しなくてはいけないこともあります。
そんなときも、自分の心を自分で整えられる強さを持っていることが大事なのです。

また、人は、自己嫌悪によって自分では受け止められない自分を、人に受け止められることで安心しようとします。それでは、相手の負担になるばかりです。
まずは、どんなにダメなところがある自分であってもきちんと受け止め、欠点を責めるのではなく反省し、成長していくしかないのです。

つまり、愛する人には、“自分でも薦められるような自分”になってから、差し出すくらいの気持ちでいましょう。
自分の心の弱さに負けずに向き合うことができ、さらに相手をきちんと愛することができるようになってこそ、“薦められる自分”ではありませんか?

もし自分でも薦められない自分を、相手によってどうにかしてもらおうと思っているのであれば、それは相手に対して愛情があるとは言えません。普通は、自分が薦められないものを、人に薦めたりはしないですしね。つまり、それは単なる自己愛です。

人生はいつだって、“自分の弱さとの戦い”です。その戦いを放棄して幸せになれることは、まずありません。人に依存して誤魔化すのではなく、自分で戦うのです。

それが、結果的に「自分を愛する」ということです。愛するとは、「ありのままの自分を受け止め、自分の成長を願うこと」だからです。
完璧な自分ではないと受け止められないのであれば、自分のことなど、本当の意味で愛してはいません。成長させないで甘やかせるのも愛ではありません。

自分に対して、本当の意味での愛を注げるようになってこそ、人にも本当の愛を注げるようになります。
だからこそ、いい恋愛をするために、まずできていた方がいいことは、「自分を愛する」ことなのです。

■その2:自分を信じること
自分を信じられる強さを持つ!
自分を信じられる強さを持つ!

自分を信じることができない人は、人のことなど怖くて信じることはできません。恋人ができても、すぐに相手の言動を探り、浮気を疑ったりします。

もし愛する恋人にフラれてしまったら、もちろん簡単には立ち直れません。それでも、相手を疑ってばかりいたら、相手だって不愉快な思いをするし、基本、人は、自分を信じない人を信じられません。それでは信頼関係は築けないし、関係は壊れていくでしょう。

では、「自分を信じる」とは、どういうことなのでしょうか?
最終的には、「何があっても、乗り越えられるだけの力が自分にはある」と信じることです。

もちろん詐欺師にひっかかってしまうのは不幸なので、やみくもに信じ切るのではなく、ある程度、冷静に状況判断をする目は必要です。
ただ、相手への疑いが、現実的な問題があるからではなく、単に自分の内側にある不安感に過ぎないのであれば、やはり「自分自身の力を信じられていない」のだと言えるでしょう。

相手に裏切られることを必要以上に怖がっている人は、どこかで相手に自分の人生の幸せを依存しています。だからこそ、相手を所有しようとしたり、必要以上にしがみついたりしてしまうのです。

前述の書籍には、こんなことが書かれています。
しがみついたり、相手を所有しようとしたりする、強い愛着に基づく人間関係はうまくいかない。そこには絶えず心配や恐れや脅威がある。そのような関係で一時的に満足が得られても、当てにはならない。
そのような関係はいずれ苦痛をもたらす。「彼(または彼女)は自分のものだ」という思いが喜びとなるなら、「彼(または彼女)を失ってしまう」という思いは必ずや悲しみをもたらす。

誰かと関係を失ってつらければ、その人がいないことが苦しいのではなく、しがみついていることが苦しいのだ。(中略)
執着して苦しむより、自由になって幸せになったほうがよくはないだろうか?

相手を束縛する人は、自分が相手にしがみついていることが多いものです。それでは、自分も相手も苦しくなってくるでしょう。

人を愛するということは、相手の自由を奪うことではありません。むしろ奪ってはいけないものです。
相手を束縛しなくても、相手が心から会いたいと思うような、幸せな関係を築くことの方が重要ですし、相手の心変わりを心配するのであれば、相手が「あなたとずっと一緒にいたい」と思うほど、深く愛することの方が大事です。

自分の中にある不安感に振り回されるのではなく、もっと自分の持っている力(一人で立てる力、人を深く愛せる力など)を信じてみましょう。その方が結果的に、パートナーとも安らかな恋愛をすることができるでしょう。

■その3:自分の機嫌をよくすること
自分の機嫌は自分でとる!
自分の機嫌は自分でとる!

不平不満の多い人、ネガティブな人は、一緒にいる人の気分までも害します。そもそも自分が幸せではない人は、人のことなど幸せにはできません。

誰もが幸せになりたいもの。そして、一緒にいて幸せになれる人の傍にいたいものです。
だから、隣りにいて気分が悪くなる相手とは、段々、時間を作りたくなくなってくるのです。

自分の機嫌をよくするためには、まずは「自分の心ときちんと対話する」必要があります。自分が何に対して不満に思っているのかをよく理解し、解決を試みるのです。人に八つ当たりをしている場合ではありません。それで、さらに相手も不機嫌になり、自分の機嫌が悪化してしまったら、悪循環ですよね。

もちろん機嫌が悪くなった原因が相手にある場合は、きちんと話した方がいいこともあります。その時は、感情を抑え、相手の立場に立って話すことが大切です。

「相手の立場に立って話す」とはどういうことか?というと、「相手にとっては、どうすれば幸せなのか?(メリットがあるのか?)」を考えながら話す、ということです。

そんなとき、感情に任せて一方的に怒ったら、相手だって聞く耳を持たなくなってしまうでしょう。
だからこそ、「今の状況よりも、こうした方がお互いの関係は良くなるし、あなたにとっても幸せが増える」という提案をすることが大事なのです。

きちんと相手が聞き入れられる話し方をするためには、まずは自分の怒りをクールダウンする必要があります。中には、「すぐにカッと来てしまう性格だから、怒鳴ってしまっても仕方がない」なんて思っている人がいますが、それは相手に甘えています。大人になったら、グッと怒りを吐き出すのを我慢する訓練が必要です。

ちなみに、前述の本には、こういったことが書かれています。
「世界に平和をもたらしたければ、まず自分の内面に平和をもたらしなさい」と彼らは言う。世界をよくしようとしなくていいから、自分をよくしなさい」……「人に平和を見つけてほしければ、まず自分の心にその平和を見つけなければならない」

世界を平和にしたいのであれば、まずは自分の心が平和にならなくてはいけない、というのは、日常的なことにも言えることです。パートナーと心穏やかに過ごせる環境を作るためには、まずは自分が心安らかでなくてはいけないのです。

自分はカリカリ怒っているのに、相手に「安らぎなさい!」なんて言ったところで、心が休まるはずがないですしね(笑).。

だからこそ、少なくとも自分で自分の機嫌をとれるようになり、心穏やかに過ごせる人になりましょうね。


自分の内側の状態が、恋愛に影響を与える
ここまで、いい恋愛をするためにできていた方がいい3つのポイントを紹介しました。
・自分を受け止め、愛すること
・自分を信じること
・自分の機嫌をよくすること

結局、自分の内側の状態が、自分の外の環境にも深く影響を与えるものなのです。

だからこそ、「恋愛したら、幸せになれるはず」ではなく、まずは自分で自分を幸せにしないといけません。
そして、「恋人ができたら、不安がなくなるはず」ではなく、まずは自分で自分の不安感を取り除かないと、2人の関係はさらに不安だらけになってしまうのです。
さらに、「恋人がいたら、安らげるはず」ではなく、まずは自分が自分の心を整え、そして相手に安らぎを与えられるくらいでいないと、相手にとっては負担になることが多いのです。

これらは自分ができるようになることはもちろんのこと、今後、パートナー選びをするときには、これらのことができる人を選んだ方がいいでしょう。そういう相手であれば、きっとあなたを愛し、信じてくれ、一緒にいて心安らぐ相手になるからです。

単に恋愛をしたところで幸せにはなれません。お互いに自己愛を抱き、愛を奪い合うような関係だったら、心身共に消耗していまいますしね。
いい恋愛ができる自分になった方がいいし、幸せになれる相手とパートナーになった方が、人生の実りは多いものです。

どうか、今回紹介した3つのことをできるようになって、素敵な恋愛をつかみましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加
なっちゅん。。。
Posted byなっちゅん。。。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村