「好きでいてもらえるように」を消すのが、疲れない&幸せな交際の秘訣 - 恋愛

FC2ブログ

「好きでいてもらえるように」を消すのが、疲れない&幸せな交際の秘訣

恋愛って本当な楽しくてウキウキするようなものであるはずなのに、恋をするたび、「苦しい」「寂しい」「自分が嫌になる」とネガティブな気持ちが強めになってしまう人が少なくありません。これは男子も女子もね。

私の経験上、そういう人は、「好きでいてもらえるように」っていう恋にとって不可欠なように思えて、実は不純物で不必要な気持ちに囚われてしまっている人が多いように思うんです。

■「好きなことをする」と「好きでいてもらえるようにする」

私たちが、「好きな人に対してする行動」って、大きく2つに分類できます。
「したいから」する行動と「したほうがよさそうだから」する行動です。

例えば、LINEを例にとりましょう。

「ああ、彼に会いたい。けど会えないから連絡しよう!」と思うときに送るLINEが「したいから」する行動です。

反対に、「さすがに3日も連絡しないと彼に『なんで連絡しないの?』って怒られそうだな」と思って送るLINEや、逆に、「本当はLINEしたいけど、今送ったらウザいし重いかな」と思ってLINEを送るのをやめることが、「したほうがよさそうだから」する行動です。

この2つは、それぞれ、
「したいから」する行動=want(したい)
「したほうがよさそうだから」する行動=should(すべき)
と言い換えられますね。

このことを前提に、「したほうがよさそうだから」する行動に潜む罠の正体を見ていきましょう。

■wantだけで精一杯。shouldはいらない

まず、さっきのLINEの話を思い出してください。
「連絡したい!」と思って好きな人にLINEをする。「好き」で胸がいっぱいの私たちにとって、これだけをするので結構精一杯だったりしますよね。

そう、「送りたい」と思って好きな人に書いたLINEの送信ボタンを押すだけでも、とても大変なんです。「好きな人に、好きなことをする」ってそれだけでかなりの体力と精神力を使うもの。
それなのに、「送りたいから、LINEをする」「送りたくないから、LINEしない」というwant基準だけじゃなくて、「今は彼女としてLINEを送るべきか」「今は彼女としてLINEを我慢すべきか」みたいなshould基準の2の基準で自分の行動をコントロールすることって、とても大変で、複雑です。

友達付き合いならwant基準だけ。仕事ならshould基準だけ。

それなのに、なぜか恋愛になるとwant基準とshould基準の2つを一緒に使ってしまいたくなるんでしょうか。そんなに器用じゃないはずなのに。どうして器用にやろうとしてしまうんだろう。

この2つを一緒に使うと、「したいけど、しないほうがいいのかな」「したくないけど、すべきかなぁ」と、頭と心がこんがらがって、パニックになる。
これが「恋が疲れる」最大の理由です。

堂々と、want基準で

恋を幸せに、疲れ知らずに楽しむ人って、堂々と、want基準だけを使ってます。「LINEしたいからするのよ。悪い?」と割り切っています。だけど本来、恋愛というのはそれでいいはずだし、それで精一杯なんですよね。恋だけ、友達付き合いよりも仕事よりも難易度上げてたら、大変です。

恋ではみんな不器用。当たり前です。だから自信をもって、「好きなことをしたいように」やってみてください。それでどうしてもうまくいかなければ考えなくちゃいけないですが、できもしないのに、want基準とshould基準を両方使っても、もっとうまくいかなくなっちゃうだけじゃないかなと思うんです。
このエントリーをはてなブックマークに追加
なっちゅん。。。
Posted byなっちゅん。。。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村