元カレとよりを戻したい男性がとる行動 - 恋愛

FC2ブログ

元カレとよりを戻したい男性がとる行動

別れた彼女とやり直したいけど、連絡する勇気がない。堂々とアプローチできない男性は、嫌われたくない不安が大きく、なかなか次の一歩が踏み出せません。でも、復縁を願う気持ちは必ずどこかに現れるもの。元カノと復縁したくても連絡できないとき、男性が取りがちな行動についてご紹介します。

元カノと復縁したいけど連絡できないとき、男性が取る行動

■復縁したいけど、「これ以上嫌われたくない」という不安

別れ話をするとき、ドラマや漫画のように笑顔で「ありがとう」なんて清々しい気持ちで終わる恋愛は、現実では稀ですよね。

多くの男女が、泣いたりすがったり、捨て台詞を吐いて終わったりと、激しい感情のぶつけ合いになるのではないでしょうか。

たとえ冷静に話し合えたとしても、特に男性の場合はプライドから本音を隠してしまうことが多いので、本当は別れたくないと思ってもそれを口にできずに別れを受け入れてしまいます。

未練を抱えたまま終わった場合、やり直したいと思うのは男女同じです。

でも、いざLINEやメールを送りたい、電話して声を聞きたいと思っても、相手にどんな反応をされるのかわからなくて怖い……。

「迷惑だと思われたら」「相手にしてもらえなかったら」と、楽しく話せる自信を持てないのが普通です。

男性の場合、それに加えて「嫌われたらどうしよう」と思う不安が大きくあります。

誰だって好きな人に嫌な感情を持たれるのは悲しいですが、本来「女性は守るべき存在」という本能がある男性にとっては、それはアイデンティティが揺らぐほどショックなことなのですね。

なので、復縁したいと願うとき、男性のほうが女々しくなりがちです。

「これ以上嫌われたくない」と思えば、どうしても思い切った態度が取れなくなります。勇気を振り絞ってLINEできたとしても、昔のことを謝罪する、「相談がある」と復縁と関係のない話を持ち出すなど、本音を隠して近づいてきます。

しかし、それすらできない、復縁したいけど連絡できないとき、男性はどうするのでしょうか。

復縁を願っている男性が取りがちな行動について、ご紹介します。

■ツイッターやフェイスブックなど、SNSを覗く

「元カノのツイッターアカウントを知っているので、こっそりチェックしています。どんな人と仲良くしているかも気になる」(32歳/製造)

多くの人が利用しているSNS。別れた相手の状況を手っ取り早く知ることができるのがメリットです。

付き合っている頃はお互いに友達としてつながっていたけど、別れたら解除されたりブロックされたりすることもありますよね。でも、匿名のアカウントを作ってまで見てしまう、という男性も実際にいます。

気になるのは、やはり新しい彼氏ができていないかどうか。まだ望みがあるかを知りたくて確認してしまう、という声は多く聞かれます。

■偶然を装って顔を合わせそうな場所へ出向く

「付き合っている頃よく行っていたカフェに友人を誘う。偶然でもいいから会えたらいいなと思うけど、いざ会ったらすごい挙動不審になりそう……」(33歳/営業)

連絡はできないけど、会いたい! 顔を見たい!

そんなとき男性がやりがちなのが、元カノが出没しそうな場所へ足を向けることです。カフェなどほかの人もいる場所なら、自分がいても不自然じゃないだろうと考えます。

趣味で集まるサークルなど、特定の人たちが集まる場になると、逆に顔を合わせると気まずいので行きづらくなる、という話を聞きますが、それは周りの目が気になるから。見栄っ張りな男性は、できればクールに、スマートな自分を元カノに見せたい、と思うのですね。

ですが、いざ会ってしまうとどうすれば良いかわからなくなります。本当は挨拶のひとことでも交わしたいと思うけれど、そんな余裕はなかなか持てないのかもしれません。

■「アドレスを変更しました」など一斉送信で連絡してみる

「以前やったのは、メアドを変えましたって元カノを含めた友達に一斉送信したこと。返事がくればいいなと思って」(30歳/販売)

1対1で向き合うのが怖い男性がやってしまうのが、ほかの人を巻き込んだ連絡。

メールアドレスの変更を知らせる連絡なら不自然じゃないだろうと考えますが、内心では返信を願っていることがほとんど。こちらからのアクションに応えてほしい気持ちがあるのですね。

LINEのIDを知っていてもあえてメールの一斉送信機能を使うのは、「ブロックされていないか」を確認する意図もあります。

もし、「送信できませんでした」というエラーが返ってこなかったら、たとえ返信がなくてもどこかで望みをつないでしまうのです。

■共通の友人に探りを入れる

「友達との話題にさり気なく元カノを出す。よりを戻したがっていると知られるのは嫌だけど、やっぱり気になるから」(31歳/教員)

友人たちと話しているとき、面と向かって「最近○○ちゃんどう?」とは訊けませんが、それとなく名前を出して近況を探るという男性もいます。

もし新しい彼氏ができていれば友人の間で話題になるだろうし、もしかして自分のことを話しているかも、という期待もありますが、困るのは逆に自分が元カノの話をしていたことが伝わってしまうこと。

「自分のいないところで話題にするなんて」と思われたら、復縁の可能性も遠のきます。なので、元カノと近い女友達より、主に男性の友人に話を振ることが多いようです。

もし元カノに何かあって、落ち込んでいるような情報を耳にすれば、連絡するチャンスと考える場合も。関わりを持てるきっかけを探したいときに、周りの人を頼る心理があるのですね。

■最後は向き合うことを選ぶのが男性

元カノと復縁したいけど、連絡できない。そんな男性は、元カノに自分の気持ちが知られることを恐れます。

本当によりを戻したいなら、自分からアプローチしていくのが筋です。ですが、男性が怖いのは受け入れてもらえないこと。復縁したいと思っているのは自分だけだった、という結末を避けたいのですね。

できれば、元カノのほうから連絡してくれたら……。それが本音です。

上に挙げた例でもわかりますが、はっきりしたアプローチは難しくても、自分の存在を知らせる行動はどこかに出ます。

自分を思い出してほしい、という気持ちは抑えがたく、何とかして元カノに近づきたい、また仲良くなりたい本音が行動に現れます。

そして、陰で動けば動くほど、連絡したい欲求が膨らむのです。一方通行な思いに耐えられなくなったとき、男性は元カノと1対1で向き合うことを決めます。

やり直せる確信がなくても、まずはコンタクトを取ってみる。結果、無視されることがあっても、自分で選んだことなら痛みを受け止めることができます。

遠回りになっても、最後は元カノへの思いを伝えようとするのが男性の心です。何もせずに諦めることはできないのが本当の気持ちなのですね。

■男性の心は真摯に受け止める

最近、別れた元カレから不意に連絡があった。これまでの自分を謝る内容であったり、単純な挨拶だけであっても、元カレのほうは大きな勇気を振り絞って送ったものです。

例えば、「最近どう? 暇なら会わない?」のような軽い感じなら、下心を疑ってみる必要があります。その気があるならセフレにしたいなど、別れた後も都合よく扱おうとするなら真面目に取り合うことはないでしょう。

真剣に復縁を望んでいる男性は、簡単に会うことは提案しません。まずはあなたの状況を確認し、誠意を持って新しいつながりを持とうとする姿勢が見えるはずです。

不器用な男性ほど、本心を語ることを苦手とします。連絡をする決心はついたけど、よりを戻したいとはっきり口にしないことも多いでしょう。

それでも、あなたが必要だからメッセージを送ってくるのです。

もし、そんな元カレからメールやLINEがあったときは、まずは向き合う気持ちで受け取ってください。

今すぐに復縁を考える必要はありません。無理と思ったらそのときに伝えれば良いので、最初は元カレが連絡してきた気持ちを汲んであげてくださいね。

ふたりの関係が以前より良いものになるかどうかは、最初のコンタクトから始まっています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
なっちゅん。。。
Posted byなっちゅん。。。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村