自分の可能性を信じろ!!! - 日記

FC2ブログ

自分の可能性を信じろ!!!

人が「幸せ!」と思う瞬間というのは、いくつかあります。

そんな瞬間の一つは、自分が成長していると感じる時だそうです。

 

確かに私自身も、「これ失敗したかな~」と思っても、

自分が成長している事を感じられれば、落ち込む事はなく、充実感と幸せを感じます。

 

自分の成長を感じるには、まずは自分の可能性を信じる事

 

あなたは自分の成長を感じる事は多いですか?

「いや~~、どうかな~~」と思いましたか?

今までと同じ事を繰りかえしていてはダメですよ。

新しい事をやってみたり、ちょっと難しいかなと思う事にチャレンジしないと、

成長を感じることはできません。

 

新しい事をやるには、エネルギーが必要なので、少しだけ

「エイ」

と、力を入れなければなりません。

そして、なんといってもまず、

「これ、出来るだろうな~」

と、自分の可能性を信じなければ、

「エイ」

って、力は入りません。

 

貿易事務をするITの天才

 

昔の同僚で、とっても能力があるのに、それを信じないで、

いつも「私はダメ」

と言っている人がいました。

 

彼女はITに関する事が、とても得意でした。

しかも、コンピューターをいじってるときはすごく楽しそうでした。

何か問題が起きると、それが解決するまで、

何時間も何時間も諦めずにカタカタとキーボートを叩き続けます。

普通の人だったら、とっくに諦めて、投げ出してしまうでしょう。

その上、経験に基づく直感力が冴えていて、全く知らない事でも、

「もしかしたらこうかな?」

と、予想をして当ててしまいます。

 

私達職場のみんなは、そろいもそろってIT音痴でした。

突然、予想もしない事がコンピューターで起きて絶望的になっている時、

いつも彼女が、カタカタって軽やかにキーボードを打って解決してくれました。

その度に私達は救われていました。

 

私達には彼女が天才に見えました。

 

でも、そんな彼女の担当はITではなく、貿易事務だったんです。

 

もったいない!!!

 

貿易事務では彼女の才能が生かせません。

せめてデーターベースを作って、船積みのコントロールをするぐらいです。

 

プログラミングの勉強もしたことがあるというので、周りのみんなが

「ITの仕事をすればいいのに~~」と言うと、

「私なんてぜんぜんダメ。 もっとすごい人は沢山いるから。」

と、いつも答えるのです。

その職場では、ITはアウトソーシングしてたので、

「この会社のIT任せてもらえば? 今の仕事と兼任でもいいじゃない」

と言うと、

「いや~~、だめだよ、私なんて」

と返します。

最初は謙遜しているのかと思ったのですが、そうではないのです。

本当にダメだと思っているのです。

 

もちろん、彼女より優秀な人は世の中にたくさんいます。

上を見たらきりがありません。

でも、この職場ではナンバーワンなんですから、いいじゃないですか。

 

自分の才能を活かす事ができて、充実感を得て、

みんなに重宝されて、感謝されて、

ハッピーになれる機会が与えられていうのに、それを受け取らないなんて、

本当に残念でしょうがありませんでした。

 

彼女には何度もしつこいぐらい、

「自分のITの能力を活かしなよ」と言ったのですが、答えは同じ。

「私なんてだめだよ。 たいした事ないから」

 

そして10年後の彼女の人生は…

 

彼女は、その後ずっと同じ貿易事務の仕事を続けて、あっと言う間に10年がたってしまいました。

最初の頃は、あんなに優秀だといわれていた彼女も、

10年後には、文句ばかりを言うダメなお局になってしまいました。

あんなに明るくて、仕事も一生懸命やっていた彼女が

「どうせ私なんか」と自虐的になって、

眠い、だるいと体調の悪さを、しょっちゅう訴えるようになりました。

そして、毎日お酒を飲まないといられなくなりました。

 

「人生進む道間違えてたよね~」と言いたくなるのをぐっとこらえました。

 

自分の可能性に目隠しをして、幸せに生きる道が見えなかった

 

彼女には、幸せに生きる道が用意されていたのに、そちらを選ばなかったのです。

自分の可能性を信じる事ができなかったからです。

周りのみんなには、彼女が幸せに生きる道が見えていたのに、

自分の可能性に目隠しをしていた彼女には、その道は見えていませんでした。

 

もし、大好きなITの仕事をしていたらどうでしょう。

きっと毎日が楽しく充実していたはずです。

みんなにも感謝されて、褒められて、自信満々になっていたはずです。

会社を辞めて、自分のIT会社を立ち上げていたかもしれません。

精神からくる体調不調もなかったでしょう。

精神的にも、経済的にも豊かになっていたかもしれません。

 

でも、彼女は不満だらけで、文句ばっかり言ってる生活を選んでしまいました。

「エイ」って力を入れる事ができなかったから…

 

私には悲劇にしか思えません。

これを読んでいるあなたは、まさかそんな事はしないですよね??

自分の可能性は大げさなぐらいに信じてちょうどいいのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
なっちゅん。。。
Posted byなっちゅん。。。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村