【覚悟の決め方】覚悟を決めて1歩踏み出すための5つの心得 - 日記

FC2ブログ

【覚悟の決め方】覚悟を決めて1歩踏み出すための5つの心得

起業したい。独立してフリーランスになりたい。

会社の看板に頼らず自分でやっていこうと思ったら、それなりの覚悟が要るものです。

会社に守ってもらえなくなって、全部自分の責任になっちゃうしね。

 

起業や独立に限らず、何か新たなことに挑戦するときや、ちょっとハードルの高そうな物事に立ち向かわなければならないときの極意として、

「覚悟を決めれば物事が動き出す」

「まずは覚悟を決めよう」

みたいなことが、けっこう言われている気がします。

 

でも、「覚悟」っていったい何なんだろうか?

「覚悟を決める」って重い言葉に聞こえるけど、何をすればいいのだろうか?

 

響きの重さのわりに、中身がよくわからないまま使われてがちな「覚悟」という言葉。そこで、私が考えている「覚悟の心得」を5つ書き出してみました。

 

1. 覚悟とは、自分で決めるもの。

 

「覚悟が決まりません」と言われることがあります。

多くの場合、それは自分で「決めていない」か、「決める気がない」から。「覚悟が決まらない」ではなく、「覚悟を決めていない」という言い方のほうが正しいです。

 

覚悟を決められないときって、不安や恐れがあるときだと思うのです。悪いことが起きたらどうしよう、失敗したらどうしよう…みたいな。

ですので、その不安とか恐れを何とかすればいいわけなんですが、具体的には以下の2つかなと思っています。

 

(a) 「うまくいくから大丈夫、うまくいかなくても大丈夫」

どう転んでも何とかなる!と信じこんでしまうことです。

 

不安を完全に消し去ろうとするのではなくて、不安があっても何とかしようとすること。

不安だけどやろう、きっと何とかなるはず!と思い込んでしまうこと。

 

未来のことはわからないので、失敗するかもしれないしトラブルが起きるかもしれない。でもきっとうまくいく。仮にうまくいかなくても、自分なら対処できる。

私は何かにつけて、呪文のようにこの言葉を唱えています(笑)。

 

(b) 準備や対策をして、なくせる不安をなくす努力をする

たしかに未来のことはわからない。でも、経験や知識から予想できるトラブルもありますよね。

お金がなくなるのが心配なら、会社勤めやバイトなどをして貯金すればいいのだし、ビジネスがうまくいくか不安なら、できる限りの勉強をしておくのも1つの方法です。

これって、「朝は電車がよく遅れるから30分早めに家を出よう」みたいなもの。打てる手は全部打っておく。それだけでも、ずいぶん心配度が減るんじゃないでしょうか。

 

覚悟って、気合いと根性ではありません。

冷静にやるべきことを考えて、淡々とやること。そして、そうしようと自分で決めることです。

 

2. 覚悟とは、行動を伴うもの。

「よし、うまくいってもいかなくても大丈夫!」って心の中で決意しただけでは、大丈夫じゃない(笑)。心なんてすぐ動いちゃいます。気持ちなんてすぐ変わっちゃいます。すぐ言い訳したくなります。

だから、覚悟を決めた方向に行動を起こすところまで含めて、1セットです。(b)に書いた準備や対策をするっていうのも、行動の1つですね。

行動するとなると、心の中でつぶやく以上に怖いのだけど、もう怖いまま動く感じです。不安とか恐怖なんて、全部消すのは無理だもの。未知の世界に進もうとしてるんだから。

 

例えば、起業しよう!って決めたら、

  • 誰かに「こんなことやります!」って宣言してみてもいいし、
  • 実際にサービスを提供したりしてみてもいいし、
  • 経営の勉強を始めてみるのも第一歩かもしれません。

何でもいいから、小さなことで構わないから、自分が今までしていなかったことで、ちょっとだけハードルがありそうなことをやる。

1つ行動する=1つ階段を上るイメージ。1段上れば、次の1段が、頂点が、それだけ近づきますよね。

 

覚悟って、「決めたら動く」んです。2つの意味で。

  1. 決めたら動く。大丈夫、と心の中で覚悟を決めたなら行動もしよう!という意味で。
  2. 決めたら動く。(行動まで含めて)覚悟を決めたら、ちゃんと物事は動き出しますよ、という意味で。

 

3. 何があっても大丈夫なのは、自分だけじゃない、みんなのおかげ。

覚悟が決められない理由の1つに、「自信がない」というのがあると思います。自分にできるとは思えない、自分に乗り越えられるとは思えない…と。

それ、もしかしたらちょっと傲慢かもしれません。

 

 

自分を信じるのは、たしかに大事なことです。信じられたほうがいいです。でも、覚悟を決めるときって、自分の力だけではないんですよね、信じるものは。

自分の力だけで何とかできることなんて、すごく限られているのですから、「自分に自信がなくて…」っていう理由で物事を諦めるのは、理由としてだいぶ物足りない。

 

今まで自分がやってこられたのも、身近な人とか、知らない人とか、とにかく「みんなのおかげ」だったりするわけです。自分ひとりじゃ、ご飯も食べられない。そして、これからも間違いなくそうです。

だからいっそのこと、世の中のみんながちゃんと自分をサポートしてくれる!って信じてみてはどうでしょうか。

ふわついて聞こえるかもしれないけど、そのぐらい大きく「みんなのおかげ」を信じられると、一段と強い覚悟が決まるような気がしています。

 

そもそも自分に自信がない人って、周りのことも疑ってかかりがち。

でも、人間だって神様だって、信じてくれる人のほうが好きだと思うんです。「信じる者は救われる」と言いますし。

 

4. 世の中は優しい。みんなどこまでもあなたに優しい。

1つ前の項目とも近いのですが、「世の中は優しくて、優しい人しかいない」と思い込めると、覚悟は決めやすいです。とにかく、この世のものはみんなあなたに優しい。みんな味方です。

 

だから私は、たとえ望まないことが起きたとしても、嫌なことをされたとしても、「私を成長させるための神様からの刺客だ」ぐらいにおめでたく解釈するようにしています(笑)。

神様ありがとう。私の成長のために力を使ってくれるなんて、本当にありがとう。世界は私のためにある。

 

まあ、さすがにここまでおめでたくなくてもいいのですが(笑)、一見ネガティブなものをうまいこと捉え直せると、「失敗」っていう概念が存在しなくなるんですよね。

だから、するりと覚悟を決められるようになる。失敗して大変なことが起きる不安、なくなるわけですからね。

(だいたい、冷静に考えたら、そこまで大変なことってめったに起きないんです、本当に)

 

5. 覚悟を繰り返すと、覚悟が当たり前になっていく

覚悟を決めて前進することが当たり前になっている人は、「覚悟なんて要らないよ、やりたいことをやるだけだ」って言うんですよね。

私はけっこうな怖がりなので、気持ちに踏ん切りをつけないと動けないことが多いんですけど、動き慣れている人、挑戦し慣れている人ほど、「覚悟を決めた」なんて思ってなくて、たださらりと、やりたいことをやってるだけのような気がする。

 

動き続けることって大事です。ぬるま湯につからないで、挑戦し続けることも。

 

行動力っていうのも筋肉みたいなもんで、使わないと衰えるんだなあとしみじみ思います。

 

自分で不安を断って前進するのみ

以前、私自身が悩んでいたときに「覚悟力」という本に出会い、何度も何度も繰り返し読んでいました。

→覚悟力 (PHP文庫) 藤堂 昌恒

 

この本によると、

覚悟とは『「結果を心配する心」を離れて、「自分の信念に基づいて行動する力」』

だそうです。

 

自分で決めて、自分で動いていくっていう、本当にシンプルな話なんですよね、結局。

このエントリーをはてなブックマークに追加
なっちゅん。。。
Posted byなっちゅん。。。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村