リーダーシップに不可欠な「信用」を築く5つの方法 - 日記

FC2ブログ

リーダーシップに不可欠な「信用」を築く5つの方法

作家/経営コンサルタントの故スティーブン・R・コヴィーは「信頼のスピード」と呼ぶ優れたコンセプトを持っていた。ある人が持つ信用は、信頼構築につながる。全面的に信用できる人との共同作業は、常に相手に不安を抱いたり相手の能力を量ったりしなければいけない人よりも、より効率的かつ生産的になる。つまり「信頼」は、ビジネス上の差別化を図るために欠かせないものだ。

信用は、信頼の主要な構成要素であると同時に、効果的リーダーシップの極めて重要な要素でもある。(現大統領を除き)広く評価されているビジネスリーダーの中に、信用性に大きな問題を抱えた人はいるだろうか? 逆に言えば、信用性が高いと評価された人は、重用され、貴重なチームプレーヤーとなり、皆から一緒に仕事をしたいと望まれる。

では、根本から「信用できる人」になるためには、どうしたらよいだろうか? この堅牢な基礎構築に向けては、多くの方法があり得るだろう。しかし、長年にわたりマネジメントに携わってきた私の経験では、中でも特に重要な5つの方法がある。

1. 結果を出す

至極当然のことのように思えるかもしれないが、改めて指摘する価値がある点だ。マネジメントとは、結果志向の努力以外の何物でもない。信用を得るためには、ライン監督者からCEOまでのどのレベルであれ、管理者が組織の求める結果を出すだけの能力を持っていなければならない。言うまでもなく、結果が伴わなければ信用も得られない。

2. 率直さを持つ

私自身が社員コミュニケーションの責任者だったキャリア初期に、人事担当上級副社長と交わしたある会話がある。詳細は思い出せないが、彼の態度ははっきり覚えている。私は彼にこう言った。「従業員に“それはダイナマイト級だ”と言ってはいけません」と。そう、本当に「ダイナマイト」という言葉が使われたのだ。このように、まるで実態を理解する能力のない劣った存在のように従業員を扱うことは、表面的な考え方であり、信用を損なう。

この人事アプローチは、2つの基本を見逃している。まず、多くの従業員は経営陣と同じ知性レベルを持つという点。そして、従業員は長い時間をかけて経営陣を注意深く観察しているという点だ。率直さは重要であり、それを裏付ける多くの研究結果もある。信用を得たければ、人に対して実直であること。そうでなければ、川をさかのぼるマスのように、常に流れに逆らって泳がねばならないだろう。3. 難しい決断から逃げない

万事順調な時は、経営も楽だ。ところが難しい決断を迫られた時は、そう単純にはいかない。私がかつて一緒に働いていたCEOは、社内にいた2人の極めて有能な後継者候補を1人に絞りきれずに、外部の人材紹介会社にその仕事を渡した。結局、社内事情をほとんど知らない外部の人間が就任することとなり、結果として会社に大きな混乱と損害をもたらした。これは全て、経営のトップが難しい決断に直面した時に、判断を避けたことが原因だ。経営者はまさにそのような決断をするために高額報酬を受け取っているのに。

4. 態度を一貫させる

従業員は、経営者の首尾一貫した態度に良い反応を示す。一方で、気まぐれな態度は、混乱をもたらす恐れがある。不安定な状況では、人は当然ながら自分が頼れるものを好む。もしあなたが従業員に頼られる存在だとすれば、それは周囲があなたの発言を信じており、あなたは信用できる人間だということ。単純な話だ。

5. 手本を示して導く

これもまた基本的なことであるが、たびたび疎かにされ、代わりとなるよい方法もない。リーダーが手本を示さない場合、つまり、口先だけで行動が伴わないと、モチベーションを上げるどころか人を遠ざけてしまう。前述の通り、従業員は経営者を注意深く観察している。もしも従業員たちに、経営者は自分勝手なルールに従って行動している、と結論付けられてしまえば、信用は失われる。経営者が厳格な原理原則に従っていると従業員が結論すれば、そこに信用が生まれる。

冒頭に挙げたコヴィー氏の「信頼のスピード」に戻ろう。彼は、ウォーレン・バフェットのバークシャー・ハサウェイ社がかつて実行したウォルマートからの大規模買収の話を好んで引き合いに出す。これは230億ドル(約2兆4000万円)規模の買収案件で、通常であれば売り手と買い手が互いを信頼できず、値切り交渉に何か月もかかっただろう。ところが両社がいずれも高い信用を得ていたため、「1~2時間の会合で合意に至った」とコヴィーは書いている。「1か月も経たずに交渉は完結した。高い信用、高いスピード、低いコストをもって」

測り知れぬほど貴重なリーダーシップ資産である「信用」をもってすれば、あなたもこうしたことを実現できるのだ。 このエントリーをはてなブックマークに追加
なっちゅん。。。
Posted byなっちゅん。。。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村