開運する大晦日から元旦の過ごし方と正月にやってはいけないこと - 日記

FC2ブログ

開運する大晦日から元旦の過ごし方と正月にやってはいけないこと

いよいよ年の瀬が迫ってきました。
来年はいい年にしたい!と期待も高まりますね。

新たな年を強力な開運イヤーにするために、
運気アップする年末年始の過ごし方をご紹介します。

大晦日の過ごし方で開運!


幸運な新年を迎えるためには、大晦日までの準備が大切です。
まずは大晦日の過ごし方から。


・お正月飾りは12月28日までに!

注連縄、門松、鏡餅などのお正月飾り。
いつも大晦日に飾っていませんか?

大晦日に正月飾りを飾るのは「一夜飾り」と言われ、良くないこととされています。

理由は諸説ありますが、
実は新しい年の幸運の神「歳神様」は、元旦ではなく31日の朝にすでにやって来られるから。
歳神様の依り代(居場所)ともなる門松をはじめとしたお正月飾りを 慌てて31日の日中に飾っても遅いのですね。

では30日ならOKか?というと、
30日は旧暦では大晦日とされ、これまた一夜飾りと同じ意味になってしまうそう。

さらに29日も「9(苦)がつく」とされ、避けたほうがベター。

というわけで、お正月飾りは12月28日までに飾るのがおすすめ!
クリスマスが終わったらすぐにお正月飾りをそろえて、28日に飾ってしまいましょう。


・大掃除も完了させておきましょう!

年末といえば大掃除ですね。
でもその大掃除、いつやっていますか?

大掃除=大晦日、というイメージですが、
実はお掃除は大晦日の前日までに済ませておくのがおすすめ。

というのも、前述のように、来年の歳神様は大晦日の早朝にはお家にやってきてくれるから。

大晦日に大掃除をしてしまっては、来てくださったばかりの歳神様を追い払うことになってしまいます。

12月になったら計画的に大掃除を進め、お掃除は30日までに完了し、
31日は年越しや来る元日の準備に充てるのがおすすめです。


・ノートに今年の反省を書き出す

大晦日の夜は、心の大掃除。
ノートを用意して、今年できなかったことなど、今年の反省を108個、書き出しましょう。
1つ書くごとに、そこに横線(取り消し線)を引いていきます。

108個は大変かもしれませんが、細かいことまで洗いざらい、どんどん書いて行きましょう。
これによって、心の中の後悔や煩悩を消していくことになります。

やり終えたら自然と来年やるべきことや抱負が浮かんでくることでしょう。


・ゆっくりお風呂に浸かる

主要な節目には お風呂での浄化はマスト。

大晦日の夜にも、荒塩(天然塩)1つまみと日本酒(清酒)1合をお風呂に入れて入りましょう。

外からの邪悪なものは首の後ろ(ぼんのくぼのあたり)から憑くと言われます。
お風呂に浸かりながら首の後ろにも湯をかけて悪いものを落としましょう。

1年分の浄化をするつもりで、ゆっくりと浸かって。

後述しますが 開運のためにはお正月、特に元日はお風呂に入らない方が良いので、
その分もしっかり入浴しておきたいところ。

ただし塩や酒の入ったお風呂はかなり温まりますので、のぼせないようにご注意くださいね。


年越し蕎麦は食べても食べなくてもOK。

縁起を担ぐ意味もありますが、もともとは江戸時代、年末の忙しい借金取りから始まった風習。
そこまで重視しなくてもよい開運行動かなと思います。


大晦日の夜に除夜の鐘をつきに行ったり、
そのままその足で神社へ参拝に行ったりするのも、

あまりに多くの人が押しかけて 雑多な人の念が渦巻いていたりするので
全面的におすすめとは言えない場合があります。

大晦日は自宅でゆったりと過ごすのが最もおすすめです。

開運する元旦の過ごし方おすすめはこれ!


さて、いよいよ年が明けたら、こんな風に過ごすのがおすすめです。


・新しい下着を身につける

元旦は新しいものが幸運を呼びます。
最もラッキーアイテムなのが新しい下着。
使い古した下着でなく、新調した下着を着けて初詣へ出かけましょう。


・初詣は地元の神社へ!

お正月と言えば初詣!

ですが、気合を入れてわざわざ大賑わいの有名神社へ出かけなくてもOK。

むしろ、あまりに人でごった返すところへ行ってしまうと、人々の欲などの悪い念を持って帰ってきてしまうことも。


初詣は、今 住んでいる場所の守護神である「鎮守神(ちんじゅがみ)」か、実家の土地の神である「産土神(うぶすながみ)」に参拝するのがベター。


いつもお守りいただいて 今またこうやって無事初詣に来られたことを感謝しましょう。
感謝することでまた一層のご加護をくださるはずですよ。

いずれの神社も、場がクリアになっている午前中のうちに参拝するのがおすすめです。



・ゆっくりと過ごす

近くの鎮守様や産土神へ参ったあとは、家でゆっくりと家族など大切な人と過ごすのが吉。

今年の計画や やりたいことなどを話し合うのも良いですね。


また、今では学校の宿題でしかやらなさそうな「書き初め」も、実は立派な開運行動。

抱負や目標を紙に墨でしたためることは 神様への誓いにもなります。

書いたら見えるところに貼りましょう。
日々それが目に入ることで潜在意識に刷り込まれ、目標も叶いやすくなります。


・初夢を見たらメモっておこう!

元日の夜に「初夢」を見たら、忘れないうちにメモを取っておきましょう。

“1富士2鷹3なすび”でなくても、初夢は大切なメッセージ。
その年の開運のためのヒントが隠れていそうです!



なお「初日の出を拝むこと」も運気アップしそうですが、“景気の悪い時の初日の出は運気を下げる”等の意見もあるようです。

実は私も子供のころからの経験上、初日の出を拝んだ年はあまり良い年にならなかったので、今は敢えて初日の出は拝んでいません。

しかしやはり初日の出には開運パワーがある!という意見も多いので、これについてはそれぞれにご判断いただければと思います。

正月にやってはいけないこと!


さて、以上のような過ごし方がおすすめではありますが、
一方で「お正月にやらないほうがいいこと」もあります。

ベストな過ごし方ができなくても、次のようなNG事項だけは意識して避けて過ごすと良いでしょう。


・元日に掃除はNG!

お正月に家に訪れてくれている福の神(歳神様)を追い払う行為になってしまいます!
掃除は大晦日までに済ませましょう!


・元日は料理や入浴は控える!

理由は

お正月ぐらいは火の神様・水の神様を休ませてあげたほうが良いから、とか
お正月ぐらいはいつも忙しい女性を料理や家事から休ませてあげるため、とか

いろいろな説がありますが、とにかくできれば正月三が日、難しければ元日ぐらいはいろいろやらずにゆっくりしているのが良いようです。


三が日ずっとお風呂なしはつらいと思いますので、せめて元日だけはお風呂はやめておきましょう。

特に流水には新年の良い運気をも流してしまう力がありますので、シャワーは最も避けたいことです。
洗い物なども元日は最小限にとどめて。


・元日に喧嘩はNG!

一年の計は元旦にあり、といいますが
年始のエネルギーはその年1年にわたり影響します。

お正月早々からケンカしたり泣いたり(感動の涙なら良いのですが…)していると、そういったネガティブな氣が1年間付きまとってしまいます。


元日や三が日ぐらいは特に努めて笑顔で穏やかな心で過ごしましょう。
新年にお笑いを見て笑ったり、ハッピーな映画を観て幸せな気分になるのはとてもおすすめですよ。

まとめ


いかがでしたでしょうか。

お友達やカップルとわいわい楽しく年越し!や 家族で海外旅行!も良いですが、

家でのんびり過ごし、近くの産土神や鎮守様へ感謝をこめて参拝する・・・
というのも とても有意義なお正月の過ごし方ですよね。


どなた様も、心安らかなお正月を過ごして、新しい年がよい1年になりますように。


最後までお読み頂きありがとうございました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
なっちゅん。。。
Posted byなっちゅん。。。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村