美味しい料理を作るコツは、料理をする前の「下準備」にあった! - 日記

FC2ブログ

美味しい料理を作るコツは、料理をする前の「下準備」にあった!

調理を始める前の下準備がとっても大事!

調理をスタートしてから準備し忘れていたことがあると、余計なことに時間がかかってしまい、食材に火が通り過ぎたりキッチンが雑然としてさらに効率が悪くなったり……。そんな経験はありませんか?

調理を始める前の下準備というと、食材の皮を剥いたり乾物なら水で戻しておくといった下処理を思い浮かべるかもしれませんが、それだけではありません。それ以前に、調理器具のメンテナンスや調味料の補填、いつも決まって使う食材があるならストックしておいたりと、日頃から気を付けておくことがたくさん!

今回は、そんな「調理をする前に大事な下準備」の話をします。

 

まずは、日頃から道具の整備やキッチンの整理整頓を

 

1.日ごろから調理器具はきっちりメンテナンスを

調理道具は、いつでもさっと使えるように、日ごろから綺麗に洗って清潔にしておきます。もちろん、頻繁に使うものはキッチンの取り出しやすい所に置いておくと、出し入れの手間もかかりません。

 

2.調味料は時間のある時に補填を

「さぁ、料理を作ろう!」という時に、調味料入れの中に塩を補填しなくては……砂糖は足りるかな……となっては、調理に集中できません。使い切る前に補填して、いつでも調理のスタンバイOKな状態にしておきましょう。

気が付いた時に補填するのもいいですし、一週間に一回この日はチェックをする日!と決めるのもよいですね。

 

3.食洗器や食洗カゴの中は空っぽに

調理中に使ったザルやボウル、フライパンはいつ洗っていますか? 何品も作る時は特に、使用した調理器具をささっと片づけながら作っていくと、キッチンが雑然としません。そのため、洗ったものをぱっと置けるように、食洗器や食洗カゴの中は、調理がいったん終わったら常に空にするように心がける事が大切です。

 

調理中の効率アップのために直前にやるべき食材の準備

 

4.材料をきっちり軽量する

「だいたい大さじ1はこれくらいかな?」と感覚で作れることも大切ですが、感覚は変わりゆくもの。きっちり軽量して調理し、その味を舌で覚え、味の指標にするとよいでしょう。

慣れてきたら目分量で薄目に、濃い目に、と調整してもいいと思います。

 

5.大きさは揃えて切る

切る時におおざっぱになると、火の通り具合が変わってきます。仕上がりよくするためには、均一に火を通すことが大切です。大きさや厚さなどをできるだけ揃えるよう、カットは丁寧にしましょう。

 

6.調味料、調理器具は手元に出しておく

使うとわかっているものは手の届くところに出しておきましょう。調理の作業がスムーズに流れるように、調味料も使う順番で並べておくと、焦らずに気持ちもゆったり調理できますよ。

 

準備上手は料理上手!

どれも当たり前の事と言えばそうなのですが、今一度、キッチン周りや調理前の状態を見直してみて、ぜひ事前準備の習慣として取り入れてみてください。驚くほど調理がスムーズにできるようになりますよ。

よどみなく流れるように作ることで、仕上がりもワンランクアップするはず。準備上手は料理上手の第一歩! 日々の料理がもっと楽しく美味しくなりますように。

このエントリーをはてなブックマークに追加
なっちゅん。。。
Posted byなっちゅん。。。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村