転職経験者が語る、転職しない方がいい人の5つの特徴 - 日記

FC2ブログ

転職経験者が語る、転職しない方がいい人の5つの特徴

「今の会社に留まった方が良いですよ」、「今の会社でもう少し成果を出してから転職した方がいいですね」

実はこれ、かつてのぼくが転職エージェントのキャリアコンサルタントに言われたことなんですが。笑

もしかすると、今まで同じように言われたことある人もいるかもしれませんが、こんなことを言われる人の特徴って、実は決まってるんです。

転職を考えてる人の3人に1人は、転職せずに現職に留まった方がいい人ってご存知でしたか?

周りも転職してるし、自分もいけるだろうと思ってる人や会社でちょっと不満や嫌なことがあるとすぐ「会社辞めたい」の文字が頭をよぎる人は要注意。これは特に、20代の人に多いのですが。。。

そして、転職すれば今の悩みや課題は全部解消されると思ってませんか?
ちょっと厳しいこと言いますが、これ、幻想ですからね。転職って、何かを叶える代わりに何かを妥協するものなんですよ。

ぼくも2回転職してるのでこのことがよく分かりますし、周りで転職した人の話を聞いていてもそう感じます。

完璧で短所のない人がいないように、自分の理想が100%叶う会社なんてありません。仮にあったとしても、入れるかは別の話。

転職しないで今の悩みや課題が解決するならそれに越したことはないし、転職はあくまで手段の一つに過ぎません。

そこで今回は、転職を2回経験したぼくが感じる、転職しない方がいい人の特徴についてお話します。

安易な転職は失敗の元

ぼくは、転職自体は良い経験になるので、できれば一人でも多くの人に一度は味わって欲しいと思ってるくらいです。ですが、安易な転職はおすすめしません。

下手すると、キャリアアップどころかキャリアダウンするからです。

今は、20代で転職する人も珍しくありません。かくいうぼくも2回転職をしています。
ただ、正直に言うと初めての転職は失敗でした。

仕事が合わないと感じ、後先考えずに次も決まってない状況で勢いで会社を辞めてしまいました。

案の定、初めての転職活動はかなり苦労しました。今振り返ってもバカなことしたなと思いますが、そんなかつての自分のように不要な転職はしないで欲しいと思ってます。

転職が当たり前になってきましたし、難しくもありません。正直、20代の人なら求人はたくさんありますし、今は売り手市場なので転職自体はできます。

とはいえ、安易な転職は失敗の元。ここは、冷静に考えてみてください。

転職しない方がいい人の特徴5つ

それでは、転職しない方がいい人の特徴について紹介していきます。

①他責思考の人

他責思考というのは、なんでもすぐ人や環境のせいにする人のことです。このタイプの人は、転職エージェントからの評価も低くなることがあるので、注意してもらいたいことの1つでもあります。

もちろん、環境や働く人は大切です。それはぼくも重々分かってます。
ですが、何でもすぐに「会社が〇〇だから」、「上司が〇〇だから」と原因を外部に求める人は、企業側からすると魅力的には映りません。

逆の立場で考えてみてください。何でもすぐ人や環境のせいにする人と一緒に働きたいと思いますか?普通に考えたら思わないですよね。

組織で働く以上、自分の思い通りにならないことや理不尽なことはあります。それは会社を変えても同じです。
それが嫌だという人は、組織で働くのは難しいかもしれません。

②不満や課題に対して、改善をしようとしない人

転職を考えてるいるということは、今の会社や仕事内容など何かしらに不満や課題を感じているんだと思います。

それ自体は別に問題ないのですが、その不満や課題に対して、少しでも改善しようと試みたでしょうか?

人事も今の会社に不満や課題があるってことは分かってます。

ただ、それに対して少しでも改善しようと働きかけたか、かけてないかでは大きく違います。結果的に変えられなかったとしても、「行動した」という事実が大きいのです。

これ、面接で聞かれることもあるので、何もしてないと「じゃあ、不満があるとすぐ辞めるんだね」と思われて、即NGです。

実は、ぼくも2社目に転職して1年ほど経った時に不満に感じることがありました。

ですが、それに対して改善をしてない状態で転職活動していたのですが、書類選考は通過するものの、面接で撃沈して全然上手くいきませんでした。

恥ずかしながら、面接で「他責に感じる部分がある」とフィードバックをもらったこともありました。

その時、初めて自分は課題に対して向き合ってないってことに気付いたんですよね。
そこで転職活動は一旦ストップし、課題に感じていることに対し、実際に改善するように何度か働きかけました。

ただ、残念ながらそれが改善する兆しが見られなかったのですが、実際に行動したことは評価されました。

それ以降、面接でも自信を持って話せるようになりましたし、転職エージェントや企業からの評価も変わりました。

今、現職に何かしら不満や課題に感じることがある方は、いきなり辞めるのではなく、まずは少しでも改善できないかを考えてみてください。

もちろん、内容によってはどうしても解決で難しい場合もあるのは分かります。その場合は転職に踏み切ってもいいと思います。

③現職で何も成果を出せてない人

現職で何でもいいのですが、今の仕事で成果を出せてない人の転職はかなり険しくなります。
もちろん、転職ができないわけではありませんが、どうしてもアピールする材料がないので弱くなります。

これがまだ第二新卒のように百歩譲って経歴が浅い方なら分かりますが(それでも多少あった方がいいのですが)、これと言ってアピールできることがない人は、ネタを作ってからにした方が転職しやすくなります。

大それたことでなくもいいので、「現職でこれはやり切った」、「工夫して成果を出した」という実績を作ってから、転職活動することをおすすめします。

「新人賞受賞」、「年間成績1位」みたいそんな大きなものでなくてもいいんですよ。
あればそれに越したことはありませんが、例え些細なことでも、

  • 自分が工夫して成果や結果を出し、上司や先輩、お客様に褒められたこと
  • 自ら動いて、新しいことに取り組んだこと
  • 周りを巻き込み、上手くいったこと
  • 仕事以外のことでも、会社のために動いて評価されたこと

など

何かしらあるはずです。話せるネタが1つでも多い方がいいので、特に今アピールできることはないなと感じてる人は、もう少し今の会社でできることがあるかもしれませんよ。

④転職すれば全ての問題が解決できると思ってる人

転職しようと思ってる人の中には、転職したら今感じてる不満や課題とはおさらばだと思ってるかもしれませんが、残念ながらそんなことはありません。

ぼくも2回転職しているのでそのことがよく分かります。先程も言ったように、基本的に転職は何かを得て、何か失うものだと思ってます。トレードオフの関係です。

この世に、仕事内容、年収、福利厚生、休日、環境、勤務地、労働時間など自分の条件を全てを満たしてくれる会社はありません。

まるで、婚活してる方が「年収は1000万以上で、職業は医者か弁護士で.…」と言ってるのと似てます。

例えば、今回の転職では今より年収を上げたいというのが転職理由だったとします。

転職すれば年収は上がるかもしれません。でも、その代わり、今より残業が多くなったり、成果を厳しく求められる実力主義の会社かもしれません。

まあ、これはあくまで一例ですが、こういうことです。

ぼく自身の話ですが、1社目から2社目の転職では、仕事内容と勤務地は叶いましたが、労働時間は増え、残業も多かったですし、福利厚生もないに等しかったです。

2社目から3社目の転職では、年収と社風・環境は叶いましたが、勤務地は同じ都内でも遠くなり、頻度が多いわけではありませんが、休日に働くことも稀にあります。

という感じで、ぼくも転職で全てが自分の思い通りになったわけではありません。特に、2回目の転職では、叶えたいことや妥協点を明確にしました。

今、転職を考えている人は、転職をして何を叶えたいのか(これが転職理由)、妥協できることは何なのか、を明確にすることから始めてみてください。

⑤転職しようかどうかそもそも迷ってる人

前に個別で、転職するかどうか迷ってる人の相談を受けたことがありました。

そんな転職しようかどうか迷ってる人を見てきて思ったのは、現職に何かしら未練があったり、踏み切れない何らかの理由がある人が大半だったということでした。

ですが、本当に転職したい時って、そもそも全く迷いはないんですよ。これは、ぼく自身もそうだったのですが、辞めると決断した時は、会社に未練は全くありませんでした。

転職するなら、迷いがない状態で、思い切って転職して欲しいと思います。

先程、「転職すれば全てが叶うわけではない」と書きましたが、転職は、良いことばかりではありません。環境をガラッと変えることになるので、いくら経験が活かせたとしても、多少のストレスは伴う可能性が高いのです。

ぼくも、初めての転職した時の転職初日はものすごく緊張しましたし、「この先本当についていけるのかな」という不安な気持ちもありました。

また、中途入社の場合、新卒とは違い懇切丁寧な研修は基本的に用意されてませんし、早い段階で成果を求められることが多いです。

迷ってるうちは転職しない方がいいですし、中途半端な気持ちで転職するくらいなら、現職に留まることをおすすめします。

でも、まだ納得いかないって人やそうは言ってもモヤモヤしてる人は、一度転職活動して外の世界を見てみると、気付きが得られるはずです。

転職エージェントに登録してみたり、実際に面接を受けることで、自分の足りないこと(スキルだけでなく、考え方なども)に気付くこともあります。

転職は慎重に。焦っても良いことはない

ここまで転職しない方がいい人の特徴について書いてきましたが、これは数年前のぼく自身に言いたかったことでもあります。

転職は、人生のターニングポイントにもなります。焦って転職しても何も良いことは何もありません。

冒頭でも書いたように、安易な転職は失敗の元です。「自分は今、本当に転職すべきなのかどうか」を慎重に考えてみてください。

この記事を読み、少しでも前向きに考え方や行動を変えてもらうきっかけになれば、ぼくとしても嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
なっちゅん。。。
Posted byなっちゅん。。。

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村