トップページ - Important days Blog

FC2ブログ

Important days Blog

恋愛・仕事に困っているなら是非見てほしい

仕事の辞めどきの見極め方と踏みとどまるべき1つの基準

仕事の辞めどきが分からず、

不満を抱えた会社にズルズルと居続けていませんか?

このままではいけないことは頭では分かってるものの、

どんなタイミングで辞めるべきか分からないものです。

 

「頑張っても報われない・・・」

「職場の人間関係が辛い・・・」

「時間外が多くて疲れる・・・」

 

仕事では無理をしなければいけないことは多いと思います。

そして嫌とは言い切れずに会社に合わせしまう人は多いです。

 

だけど無理をし続ければいつかはダメになるかもしれない。

そんな思いを持ちつつタイミングがきたら仕事を辞めたい・・・

こうした仕事の辞めどきを伺っている人も多いと思います。

 

けど、その「良いタイミング」というのが分からない・・・

いつまで経っても仕事の辞めどきなんて訪れてはこない・・・

 

なので不満を抱えつつも今の会社に留まる人は多いです。

そこで自分の中に辞めるべきか、踏みとどまるべきか、

 

それを見極めるための基準を持つことが大切なのです。

 

どっちにすべきかの基準が曖昧なままで生きていると、

必要なタイミングを見失ってそのまま定年を迎えてしまいます。

今回は、そんな辞めどきを見極めるための参考になればと思います。

辞めどきを見極めるのは人間関係

 

あなたはどんな状況になったら仕事を辞めるべきだと思いますか?

または自分の経験として、どんなときに辞める決断をしたのでしょうか。

 

人は同じ出来事でも人それぞれ感じ方が違うので、

仕事を辞めるべき条件も必然的に異なってくると思います。

 

僕自身、アルバイトも含めて過去に20社以上の仕事を経験してきました。

その経験から言って間違いなく言えることがあります。

 

仕事を辞めどきを見極める決定的なたった1つの基準は人間関係です。

 

仕事における人間関係の悩みは8割以上になるとも言われるように、

人間関係からくる精神的に辛さは強い影響力があります。

僕も人間関係が辛くて辞めた記憶は鮮明に覚えているくらいです。

記憶に焼き付いているくらい心に痛みを伴うのは人間関係ではないでしょうか。

 

他には体力的にきついとか給料が少ないなどの理由もあると思います。

だけど精神的に辛いことの方が一番耐え難いものがあるのではないでしょうか。

人間関係による精神的な辛さを基準として転職を考えると良いと思います。

 

人間関係は一度こじれると修復が困難でエスカレートしやすいです。

これは会社特有の価値観の違う者同士の集まりだからです。

 

 

精神的に辛くなければ踏みとどまるべき

 

たとえば体力的にきつい仕事を続けていたとしても、

それが精神的にきついものでなければ続けられると思います。

なぜなら身体は辛いとしても心は弱っていないからです。

むしろ体力を使う方がやりがいを感じる人もいるくらいです。

 

ところが精神的に辛くなれば、どんなことでも続けられなくなります。

つまり精神的に辛く感じないこと以外では踏みとどまるべきなのです。

 

考えてみて欲しいのですが、

精神的に辛いと思わない仕事に就けるということは、

今の御時世では恵まれているとも言えるのではないでしょうか。


不満はあっても仲間がいたり仕事を何とかこなすことができたり、

 

仕事を辞めて後悔するのは「足る知る」ことを忘れているときです。

 

それはその仕事に就いているときは当たり前となって気付き難いです。

だからこそ離れてみて、その有難みが身に染みて感じてしまうのです。

会社を辞めて後悔して出戻りしてしまうのはこのようなケースが多いです。

だからこそ、精神的な辛さを強く感じないなら踏みとどまるべきだです。

 

それでも仕事に魅力を感じないとか生活が苦しいなど、

人間関係以外で強く辞めたいと思う理由があるかと思います。

そのような人はどう考えるべきなのでしょうか。

 

 

仕事に魅力を感じないなら副業をしてみる

 

精神的に辛さを感じない仕事はある意味、安定していると言えます。

正社員になれば安定するとかよく耳にすることですが、

精神的に辛い仕事はいつまで続けられるか分からないので、

たとえ正社員と言っても安定とは言い切れないからです。

 

精神的に安定が得られるとか多少は我慢できる程度で、

仕事に魅力を感じない、生活のために仕事を変えたいと思うなら、

 

今の仕事を辞めずに副業をすることを考えるべきです。

 

せっかくの安定を失ってまで転職することはリスクがあります。

全ての収入減を失ってしまうことの方が怖いと思いませんか?

もちろんそれを乗り越えて転職をする価値がある仕事もあると思います。

 

ですがそれはどうしてもやりたいことがある場合に限ってのことです。

何も思い切って転職する以外にも考えられる方法はあると思います。

僕も副業からネットビジネスを始めることで安定した収入を確保し、

気たるべきタイミングが訪れたところで思い切って退職しました。

 

 

転職以外の方法でも自分の道は開ける

本日のまとめ:

  • 辞めどきを見極めるのは人間関係
  • 精神的に辛くなければ踏みとどまるべき
  • 仕事に魅力を感じないなら副業をしてみる

 

仕事を辞める理由は人それぞれだと思います。

けど、仕事の辞めどきを見極める基準は、

 

人間関係で精神的に辛さを感じて耐え難いとき。

 

社会人になってからの人間関係は陰湿で回復し難いものがあります。

これが仕事の辞めどきを見極める基準として考えるべきだと思います。

そうでない場合においては踏みとどまって他の方法を考えることで、

仕事を辞めて後悔するということを避けることができると思います。

辞める以外の解決方法として副業があると言いました。

 

  • アフィリエイト
  • せどり(転売)
  • カウンセラー
  • コーチング
  • コンサルタント
  • セミナー講師
  • 週末のみの店舗経営

 

副業でも様々なものがあります。

そこから1つを選んで結果が出るまで継続し続けることです。

これは僕自身がアフィリエイトで辿ってきた実体験のお話です。

会社員時代からアフィリエイトでコツコツと副業をしてきました。

 

物事は何でもそうですがいきなり好きなことで稼げることはあり得ません。

才能ではなく結果が出るまでコツコツと淡々と継続することが何より大切です。

 

また仕事を辞めるにしても適職が何か知りたくありませんか?

20代後半から30代にかけて自分の生き方に迷いが出てきたら、、

自分のやりたいことが何なのかを知るための手掛かりとなるように、

35歳までの人を対象に考えるべき視点についてまとめています。

きっとあなたの今後の生き方の助けとなってくれるでしょう。

 

あなたの道が開けることを祈っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

復縁の意味って?復縁する意味ってあるの?復縁すべきかの判断基準。

復縁の意味って実際知らないかも...!定義をおさらい!

復縁とは、離縁していた者がもとの関係にかえること。 恋愛においては、理由あって別れた者同士が、再度付き合う事を指します。 あなたにとって、相手が必要で、愛し続ける意思があるのであれば、復縁は希望。 しかし「愛があるかは別として…」という依存の傾向にある場合や、寂しいという思いから復縁を望むのであれば、それはまた同じ悲しみを味わう事に。 それでも、復縁の可能性はあります。 タイミングさえ間違わなければ、誰にでもチャンスはありますし、やり直す事が。

その前に、彼との復縁可能性は何%?

「やっぱり彼とやり直したい....」 「別れてからしばらく経つけど彼に未練あるのかな...」 つまり彼が今あなたのことをどう思ってるのかを知るのが復縁の第一ポイントです。 逆に言えば、彼があなたを今、どう思っているか分かれば、復縁はスムーズに進みます! そんな時、彼の気持ちを調べるには、占ってもらうのがオススメです🙋

チャット占いサイト🔮MIROR🔮では、1000人以上の復縁に悩む人を幸せに導いてきた、有名人も占うプロの占い師にチャットで相談することができます。 

・彼は今あなたのことをどう思っているのか 
・復縁の可能性はあるのか 
・あなたが今できる行動は何か 

これらをチャット形式で直接、対面鑑定さながらに相談することができます。 

後悔のない恋にしたいのであれば、占い師に占ってもらってしっかりとあなたにあった行動をすることが大切です。 


        

復縁する意味ってあるの?人は変われないよね...?

「理由があって別れたのに、どうして復縁するの?」 「だったら別れなければ良かったのに」 そう思う気持ち、ごもっともです。 復縁する事に、メリットはあるのでしょうか?

1. 別れと復縁は困難を二人で乗り越えたということ。関係性が深まる

お互いの未来の為に、別れるという選択をした場合、その後より良い関係が築けることが多いです。 別れと復縁は困難を二人で乗り越えたということ。 2人にしか知りえない苦労と幸せを、2人で経験したという事で関係性が深まるのは、至極当然。 こうしたケースは、相手の何かを嫌いになった訳ではないので、復縁の価値が十分にあると言えるでしょう。

2. 別れを後悔して復縁をすることで相手の大切さに気づける

仕事が忙しく、お互いを思いやれなくなった場合、一度距離を置いた方が、相手の大切さに気付ける場合が多くあります。 相手の存在の大きさに気付き、別れを後悔して復縁を願うのは、とても素敵な心境の変化。 別れるという事が、相手の大切さに気付く為のツールになる良い事例です。

3. 別れを一度経験することで当たり前を見つめ直す機会になる

人は優しさを受け続けると、それに慣れてしまいます。 優しさは、無償の愛に近くはありますが、ボランティアではありません。 別れを一度経験することで、今まで当たり前だった事を見つけるいい機会になるでしょう。 どんな優しさも「当たり前」ではありません。 感謝のきもちは必ず必要。 見つめ直す機会になると言う事は、自分が良い方向に変化する兆しでもあります。 こうなれば、別れた意味は十分にあったと言えるでしょう。

4. 別れ〜復縁を経験することで失敗を教訓にすることができる

人は失敗から学ぶいきものです。 学ばなければ、進化はありませんし、幸福を掴むこともできません。 別れとはつまり失敗。 失敗を経て、復縁を選ぶのはそこから学んだことがあったから。 そうした経験は教訓となります。 これも、お互いに良い方向に変化したからこその結果ですね。

5. どうにか復縁しようと努力をすることであなた自身が成長し魅力的になる

何をするにも、努力しなければ目標は達成できません。 努力なしでつかめる目標は、全て「当然」のことであり、当たり前。 どうにか復縁しようと努力をすることは、あなた自身を輝かせること。 あなた自身が成長し魅力的になる事は、例え理由が復縁だったとしても、充分に意味があると言えます。

復縁して意味ある?復縁するべきか迷ったら!の判断基準

復縁する意味がある…? そこまで努力する意味があるのか。 そんな迷いを持っているなら、どう判断すべきか、自分の気持ちと向き合ってみましょう。

何が何でも一緒になりたいと思える相手なのか

あなたは、彼の何が好きですか? どうして一緒に居たいと思いますか? 彼がどんな人間でも、許す自信はあるでしょうか? 最後の質問は、ちょっとイジワルかもしれませんが、事実そういう事。 あなたの大切な時間を使ってでも、努力を惜しまず、尽くすべき相手なのか、そういう価値がある相手なのかを考えましょう。 何が何でも一緒になりたいと思える相手なのかと考える事は、極端では無く、自分の幸せの為に必要な手順です。

自分が変わりたい、前に進みたい、成長したいと思うかどうか

特に自分に非があって別れたと、理解している場合。 自分が変わりたい、前に進みたい、成長したいと思うかどうかがカギとなります。 「自分はこれで良い!」と思っている場合は、変わる必要はないですよね。 自分が変わるキッカケというのは、人生においてそう多くはありません。 復縁が目的でも、自分が前進する手段になるのであれば、それはメリットだと言えるでしょう。

復縁したいかも..!と思う気持ちは寂しさを埋めるためなのか、元彼でないといけないからなのか

復縁したいという思いは、どこからきているかを考えましょう。 復縁したいかも..!と思う気持ちは寂しさを埋めるためなのか、元彼でないといけないからなのか。 寂しさの穴を埋めたいだけであれば、復縁に意味はありません。 時間の無駄になってしまうので、もっと違う男性を探した方が良いでしょう。 あなたに合う男性は、他に沢山いるはずです。

彼と復縁すべき?今後うまくやっていける?

3つの判断基準をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? 

判断基準を満たしていると堂々と言えるのであれば、迷わず復縁に向けて歩みましょう。 

「満たせているか自分でも分からない....」 

という方も、焦らないで大丈夫ですからね。 
人間、自分のことなのに自分でも分からないというのはよくあることです。 

ただ、そんな状況がいつまでも続くと辛いですよね。 

これまで数々の恋愛相談を受けてきたプロの占い師に相談すれば、きっとあなたの心も晴れると思いますよ。 

復縁は二人にとって大きな意味があること!復縁をする5つの方法。

前項まででお話した通り、復縁は「変化のきっかけ」であります。 あなたにとって、本当に意味のある復縁ならば。 復縁をする5つの方法をご紹介します。

自分と向き合い、元彼にも自分と向き合ってもらうために3ヶ月ほど距離をおく

一度は別れた仲。 すぐに復縁したのでは、何の意味もなしません。 彼にも頭を整理する時間が必要ですし、あなた自身、自分を見つめ直す時間も必要です。 自分と向き合い、元彼にも自分と向き合ってもらうために3ヶ月ほど距離をおきましょう。

その間に別れの原因と自分の変わるべきところを見つけ出し、問題を解消する

距離を置いている間は、自分の為の時間。 その間に別れの原因と、自分の変わるべきところを見つけ出し、問題を解消する事を心掛けて下さい。 深刻になってしまうと、視野が狭くなり、本当に直すべきところが見えなくなってしまいます。 「自分が変わるチャンス!」とポジティブに捉え、自分の変化を楽しんでください。

後悔が全く残らないようにできることは全てする全力さを持って行動する

こんなチャンスは二度と来ないと思って下さい。 先にも申し上げた通り、自分が変わるキッカケは、人生においてそう多くは訪れません。 恋心や、自分の行動に、後悔が全く残らないように。 甘えは禁物です。 「できることは全てする」という気持ちで、全力で行動しましょう。

別れや復縁という概念を捨ててもう一度新たな関係を築く

一度終わってしまった関係、崩れた信頼はすぐには元に戻りません。 特に信用を失ったケースでは、かなりの時間がかかります。 別れや復縁という概念を捨てて、もう一度新たな関係を築く事を目標にするのも良いでしょう。 まずは、普通に話せる知人ポジション。 その後笑って会話できる友人枠へ。 そして、相談に乗れる親友へ…という様に、徐々に距離を詰めていくことがおすすめです。

元彼の嫌な部分に目を瞑ったり、それを変えようとするのではなく自分が変わる

汚れた部分は、目をつぶっても汚れたまま。 元彼の嫌な部分に目を瞑っても、彼は変わらず同じままです。 それを変えようとするのは、人格を否定する事にも繋がり「彼と復縁する意味」が無いのと同じ。 「自分が変わる」という事に意識を向けて下さい。

まとめ

復縁の意味について考える事は、自分を見つめ直すキッカケになります。 ・復縁は自分にとって意味があるのか ・彼は本当に必要なのか ・復縁を望むなら、まず時間を置くところから この3つは、あなたの考えをまとめてくれる、良い手助けになってくれるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

内定が出たら出たでまた迷う…。「入社か?辞退か?」 に答えを出す

欲しかった内定、なのに迷ってしまう人の4つのタイプ

転職活動の終盤、ついに内定が出た!というシーンでも迷いや悩みは尽きないものです。代表的なのはこんな迷いです。

 確かに希望の会社だが、この会社に入社して本当によいのだろうか?
 同じタイミングで2社から内定が出て、条件も思い入れも同じくらい
 本命A社の結果が出る前に、滑り止めのB社から内定が出てしまった。

この時、自分を「なんて優柔不断なんだろう…」と責める必要はありません。内定者の半数以上は同様の迷いを持つものです。転職のゴールは「内定を取ること」ではなく、「入社してから自分らしく活躍すること」だからです。とはいえ、入社するかどうかの回答期限はせいぜい3日〜1週間程度。後々、「あの時の判断は正しかった」と思えるように、悔いのない判断をしなければいけません。

そこで、「内定が出て迷う・悩む」 人を4つのタイプに分けて、それぞれの処方箋をご紹介しましょう。

【タイプ1】 直感のまま行動する人
【タイプ2】 情報を整理できていない人
【タイプ3】 周囲の意見に流されてしまう人
【タイプ4】 シミュレーション不足の人

画像:内定が出たら出たでまた悩む…。「入社か?辞退か?」 に答えを出す4つの処方箋

【タイプ1】 直感のまま行動する人の処方箋

「なぜ転職するのか」 「何を大切にしたいのか」 の2つを考える

<症状>
このタイプの人は選考過程でも、「任される仕事が面白そう」 「面接官の印象が良かった」 「オフィスに活気があった」 など、目の前にある事象を直感的に判断して転職活動を進めてきた人。いざ内定が出て、この先ずっと働くことを考えた時に、地に足がついたイメージが浮かばず入社を迷ってしまうのです。

<処方箋>
自分がなぜ転職するのか(転職理由)、働くうえで何を大切にしたいのか(理念)、この2つをあらためて考えてみましょう。例えば、転職理由が「いくら実績を出しても年収に反映されない」ことだという人の場合、じゃあ、年収アップする会社ならよいのか、成果連動型ならよいのか、というと、そう単純ではないはずです。顧客とじっくりと向き合って信頼を築くのが理念だという人が、スピードと売上が最優先という会社に入ったら、いくら年収が上がってもやりがいは得られないでしょう。直感も大切にしつつ、転職理由と理念、いろいろな角度から判断することが処方箋です。

【タイプ2】 情報を整理できていない人の処方箋

採点表を作って、内定先の評価を数値化してみる

<症状>
転職活動は、ほとんどの人が複数の企業を同時進行で受けるので、同じタイミングで複数の会社から内定をもらうケースが出てきます。どの会社も自分が受けたいと思って受けたわけだし、それぞれに一長一短があるでしょう。企業情報や提示条件を見返しても、自分が何を迷っているのかも分からなくなって混沌としてしまいます。

<処方箋>
内定が出た会社の採点表を作ってみましょう。採点項目は、【タイプ1】で出てきた「転職理由」「理念」のほかに、自分が重視している条件をピックアップします。何に迷っているのか分からないという状況でも、こうして数値化することで情報が整理され、判断の糸口が見えてくるでしょう。また、1社だけで良し悪しを考えるより、2社以上を比較したほうが、「より良いものを選び抜いた」という納得感につながります。

採点表の例

 業界年収理念仕事内容企業規模シェア成長性合計
A社メーカー20
B社サービス18
C社サービス22

◎:5点 ○:3点 △:1点 ×:0点

【タイプ3】 周囲の意見に流されてしまう人の処方箋

大切な人に相談はしても、最後に決めるのは自分

<症状>
もともと人の意見に流されやすいという人は要注意です。転職という大きな岐路ですので、迷うあまり、親、配偶者、恋人、友人など周りの人の意見を鵜呑みにしてしまったり、下手をすると、内定を受けるかどうかの判断そのものを委ねてしまいます。

<処方箋>
最後に決めるのは自分だということを心に刻みましょう。例えば、第二新卒で転職活動をしている人が親に相談して、「そんな小さい会社はやめておけ」と言われて、「親は社会人の大先輩でもあるし正しいはず」と思って内定辞退を決めてしまうこともあります。また、妻に相談して、「今より年収が下がる会社なんて冗談じゃない!」と猛反対されて入社を諦めたというケースも珍しくありません。

自分にとって大切な人の意見を聞くことはとても大事です。でも、その人たちの意見は、転職マーケットの最新事情を知ったうえでのことでしょうか?「入社直後はいったん年収が下がるが、その後のアップ率が高い」 とか、「一般にはなじみのない商材だが、その分野ではトップシェアで、業界自体も成長トレンド」 といった情報を一番正しく把握しているのは、今まさに転職活動をしている自分自身なのです。

【タイプ4】 シミュレーション不足の人の処方箋

面接スケジュールを組むときに指針を決めておく

<症状>
内定時の迷いで多いのは、冒頭にあげた 「本命A社の結果が出る前に、滑り止めのB社から内定が出てしまった」です。シミュレーションせずにこうしたケースにいきなり直面すると、回答期限が迫る中で焦ってしまい、冷静な判断ができなくなります。

<処方箋>
転職活動の早い段階から、さまざまな内定のケースをシミュレーションしておくことをオススメします。

「本命A社の前にB社やC社から内定が出たらどうするか?」
「本命A社の内定が出ても、条件や待遇がB社やC社より劣っていたら?」
「内定のタイミングで迷った場合、最重視する判断材料は何か?」
…などです。

いくらシミュレーションしたところで正解があるわけでなく、実際その場になったら自分の気持ちが変わっているかもしれません。それでも、学校のテストと同じで、「一度解いたことがある問題」 には心の余裕が生まれます。転職活動にはそれが大事なのです。泡を食ってあらぬ判断をしてしまうことを極力避けたいものです。

ちなみに、「本命A社の前にB社やC社から内定が出たらどうするか?」 のケースで、「B社・C社に回答期限を延ばしてほしいと言う」 のは原則としてNGです。申し出るなら言い方にはくれぐれも注意してください。人事担当者の心証を損ねますし、ビジネス的な物言いのセンスがないと評価されてしまいます。

面接で入社後のことを質問しておけば答えが出やすい

以上、4つのタイプと処方箋をご紹介しました。自分に当てはまりそうなタイプがあったら、ぜひ事前準備をしておいてください。

また、内定時に迷ったり悩んだりする人に共通しているのは、「入社して数年後の自分をイメージできていない」ということです。サイト上の求人情報や面接で、年収や待遇、入社直後の配属先などは、誰しも熱心に情報収集すると思います。しかしそれに留まらずに、1年後、3年後、5年後、さらにもっと先の「働く自分」をイメージするための材料を積極的に集めておきましょう。

<入社して数年後の自分をイメージするための質問例>
Q.この部門のキャリアを活かして、他部門で活躍している方の事例を教えてください(キャリアパス)
Q.この部門で早く戦力になるためには、どんなマインドが求められますか(行動の指針、理念)
Q.この業界は今後どのような成長が見込まれていますか?(業界の先行き)
Q.その中で御社はどんなポジションにあるでしょうか?そのための戦略や計画を差し障りのない範囲で教えてください(企業の成長戦略)

このエントリーをはてなブックマークに追加

上司にイラッ! 「仕事ができる人」がとる対処法とは?

仕事をしているとやっぱり上司にイライラすることもあると思います。

かといって上司に怒るわけにもいかずに、余計にストレスが溜まるということもあることでしょう。

「仕事ができる人」は上司にイラッとした時にどのように対処しているのでしょうか?

 

はてな

 

そこで今回は上司にイラッとした時の対処法についてご紹介していきたいと思います。

 

「仕事ができる人」はまず黙ることだといいます。

特に理不尽なことで怒られた時は、一度沈黙して気持ちを落ち着かせるようにしているという意見であったり、感情的になってもどうしようもないので、とにかく黙るという意見もありました。

 

黙る男性社員

 

確かに反発しても綺麗に解決できることはあまりないです。

「仕事ができる人」はここで沈黙して頭を冷静にするという人が多いようです。

 

また他にも、上司の話を聞くフリをするという意見もありました。

 

上司と女性の部下

 

イライラしてる時に注意されても絶対に耳に入らないので、聞き流すようにしているという意見であったり、自分が悪いところは反省するが、理不尽なことを言われている場合はとにかく話を聞くフリをするという意見もありました。

 

いちいち上司の小言を聞いていたらストレスも貯まる一方です。

自分の不注意なら素直に反省し、理不尽なことなら聞いているフリをするのも「仕事ができる人」の手法のようです。

 

他にも敢えて上司をいい気分にさせてみるという意見であったり、外出して気分転換をするという意見もありました。

 

外出する女性社員

 

仕事をしていると上司に色々言われることもあると思いますが、それを全部抱え込んでしまうと、それに伴うストレスもかなり大きいものとなります。

上司にイラッとした時もスマートに対応できるように、ぜひ自分なりの対処方法を見つけておきましょう!

 

ちなみに、今度、うちは同じマンション内で引っ越しすることになりました。

今は1階ですが、5階の角部屋が空いたんです。

 

マンション

 

近所は気に入っているので、このマンションでいいのですが、1階は防犯や虫などの問題があるので、せっかくなら景色のいい5階へいきたいというわけです。

ただ、同じマンション内での引っ越しですので、料金を安くしたいと思い、みつけたのがこのサイト。

http://www.同じマンション内引越し.com/

確かに、トラックの移動はないので、このサイトに書いてあることは納得、同じマンション内での引っ越しは、こうやればいいんですね。

市内や、町内などの近距離引っ越しも同じ原理だと思うので、引っ越し予定のない方も、次の引っ越しに備えて、読んでおいて損はありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加

正月明けからの仕事があまりに憂鬱で逃げてしまいたい時は?

楽しかった日々が過ぎて段々と近づく仕事の日・・・

正月明けからの仕事ってほんとに憂鬱になりますね。

僕もこのまま仕事を辞めてしまいたいと何度も思いました。

 

けど生活のためには、どうしてもやらざるを得ない!

 

場合によっては連休に入ったばかりなのに、

正月明けのことを考えて憂鬱になることもあります。

 

僕も派遣で製造業の仕事をしていた時は、

班長からのパワハラがエスカレートしている最中でした。

周囲の社員らも役職のある人間には逆らえず、

的になっている僕は孤立した状態で耐えてました。

 

あなたは今、どのような状況で仕事をしていますか?

ただ仕事が憂鬱なだけなら、まだ何とか耐えられると思います。

だけど本当に苦しくて正月明けには逃げてしまいたいくらいなら、

今回お伝えする内容をぜひ読んで頂きたいと思います。

 

仕事を辞めようとする時に損をしないための退職への4つの注意点と、

自分に向いてる仕事を見つけるための考え方についてお伝えしました。)

 

正月明けも日曜の夕方も月曜の朝もメカニズムは同じ

 

基本的に毎週日曜の夕方や夜、

それに一週間のはじまりの月曜の朝など、

毎回のごとく憂鬱な気持ちになって嫌になりませんか?

ゴールデンウィークや盆休みだって終わり頃は憂鬱になりますね。

 

なぜなら仕事と普段の生活のリズムがまるで異なるからです。

 

正月休みだって結局は同じようなリズムになります。

これを「正月ボケ」なんて見下した言い方をする人もいますが、

このリズムは確実に個人によって大小があるのです。

 

それは普通に忙しくそこそこのストレスの人なら、

「ああ、面倒臭いなぁ・・・」程度で済んでしまうもので、

実際に仕事をすれば仕事モードに戻ることができます。

 

だけど精神的に辛い思いをしてる人は、

仕事に行けばどんどん自分が追い込まれてしまいますね。

そしてこのような状況はなかなか変えることができません。

その環境にいる限り延々続いてしまう無限地獄かのようです。

 

こうした精神的な辛い状況は誰からも理解は得られ難く、

こうした職場環境でいくら頑張っても報われることはありません。

それは価値観の違う相手が集まっていて他人は他人を怖れているからです。

 

どのように接していいか分からない人って不安になりませんか?

目隠しをされて前に向かって歩くのって不安になるのと同じで、

分からない相手とは不安になりやすく警戒しがちになるのです。

 

だけど、仲の良い友達とは気持ちが通じ合うので安心できますね。

人は不安になるとそれを守るために攻撃的になります。

なので職場環境の人間関係の改善は非常に困難なのです。

 

 

頑張ることが美徳という古い価値観がまだ残っている

 

今の世の中であまりに不思議なことは、

未だに頑張ることが美徳だと思われていることです。

 

「残業をするのは当たり前だ!」

「仕事は楽しくないのが当たり前だ!」

「大人が夢を見るなんてバカらしい!」

「汗水流して働くことは当然のことだ!」


このような言葉は僕達の身近なものですね。

そして僕達もいつの間に信じ込んで生活をしてしまいます。

だけどこうして本当は苦しまなくてもいいことまで、

ずっと我慢し続けて自分を壊してしまう人も多いのです。

 

  • 何とか自分を変えようと頑張るタイプ
  • 生活やローンのために我慢して頑張るタイプ
  • 先の不安から辞められなくて頑張るタイプ

 

様々な頑張ってしまうタイプの人がいます。

因みに僕はいずれも当てはまっていました。

つまり、ただ頑張っても報われないのが現実・・・

それなのに頑張るのが美徳なんて変だと思いませんか?

 

今の仕事にやりがいがあって頑張ってるのなら、

また仕事で頑張る必要がある目標があるのなら、

全然いいのですが無理して頑張るのは無駄なのです。

 

 

人生には「やめる」という選択も大切

 

やめると聞くとあまり良いイメージがしないものです。

それは努力や続けることが世の中で良しと思われてるからです。

だけど何もかも努力や続けることをしても、

 

それが本当にやりたいことでなければ苦しいだけです。

 

その代表が精神的に辛い思いをしている仕事です。

精神的に肉体的に悪影響が及んでいるのに続けてしまう・・・

これって正しい努力や続けることになるでしょうか。

普通に考えるとそんなことはないですよね。

合わないことは無理してやろうとせず、

 

「やめる」という選択も大切なのです。

 

その基準のひとつは、

そのまま続けるとどうなってしまうのか?

この視点で考えると簡単に答えは見つかります。

ダメだとはっきり分かることなら「やめる」ことが大切です。

 

確かに生活のため、家族のためなど、

お金を稼がなければいけない理由が邪魔するかもしれません。

少し前まで嫁ブロックなどの言葉が出回っていたように、

身内の人であればあるほど止めようとしてきます。

 

他には会社の上司なんかも引き止めようとしてきますし、

会社の同僚やそれ以外の友人関係でもそうかもしれません。

何とか耐えられるのなら従っても何ら問題はありません。

 

だけどこの先ダメだとはっきり分かっているなら話は別です。

 

その先は仕事に行けなくなってしまうからです。

僕は急に仕事に行けなくなってしまった経験をしました。

パワハラや孤立で精神的に、夜勤や残業過多で肉体的に辛く、

ダメだと分かってても続けたことで結果逃げてしまいました。

 

 

本当はどんな生き方がしたいですか?

 

いきなりすぐ仕事を辞めるなんて難しいですね。

正月明けからの仕事があまりにも憂鬱だとしても、

それでも辛い思いをして続ける人は多いと思います。

だけどそんな辛い思いはずっとは続けられないですね。

 

では、本当はどんな生き方がしたいのでしょうか。

 

辛いことばかかりに意識が向き過ぎて、

自分の本当の望みを見失っていないでしょうか。

現実があまりにも辛すぎて思い描くことすらバカバカしい・・・

そんな風に思って心にフタをして日々を過ごしていないでしょうか。

 


やりたいことが分からない理由は、

自分のことがよく分かっていないからです。

世間では「自分探し」なんて言葉をよく言われたりしますが、

自分を知るということは何においても大切だと思います。

 

心から望む生き方に変えられることを祈っています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村